このエントリーをはてなブックマークに追加

預け入れ荷物と手荷物

飛行機を利用しての海外旅行の際に、荷物は大きく分けて二つあります。
一つは預け入れ荷物ともう一つは機内持ち込み用の手荷物です。
預け入れ荷物に何を入れるか、また、手荷物に何を入れるか迷う方も多いと思います。
ある方は、ほとんどすべての荷物をスーツケースにして預けて、貴重品やパスポートなど最低限のものだけを小さなバックに入れて、機内持ち込みにします。
これも空港内で、気軽に動くための一つのいい方法です。
またある方は、機内持ち込み制限内のスーツケースを別に用意し、その中に、必要な衣類を数枚、制限内の化粧品、コンタクトレンズの洗浄液などを用意します。
何かのパプニングが起き、他の空港に一泊しなければならなくなった場合に備えての対策のためにです。
これもとてもいい方法です。
実際に知人の中に、飛行機の出発時刻が大幅に遅れ、乗り継ぎの飛行機の時間に間に合わなかったために、乗り継ぎ予定の空港の近くのホテルで一泊したという経験をした人もいます。
それは予定外の出来事でその際その人の手荷物には、お土産しか入っていなかったので、大変だったそうです。
何があるか分からないのが海外旅行です。
何もないのが一番いいのですが万が一何かが起こった場合に備えて、手荷物の中に少しだけ予備の物を用意しておくことは一つの方法かもしれません。
けれども、預け入れ荷物と手荷物バックなどの荷物整理をする際に、一番大切なことは、どこに何を入れているか自分でよく把握し、いつでもすぐに取り出しやすい状態にしておくことです。
Copyright (C)2017海外旅行の荷造りのポイント.All rights reserved.