このエントリーをはてなブックマークに追加

手荷物用バックの中身

飛行機を利用しての海外旅行を計画される方が多くおられます。
飛行機を利用する場合、アメリカで起きたテロ以来、手荷物用のバックの中身の制限が厳しくなっています。
それを知らずに荷造りしてしまった場合、空港で引っ掛かり時間がかかる場合がありますので、しっかりと準備していくことは大切です。
例えば、機内持ち込みが制限される物の中にハサミやカッターなどの筆記用具が含まれます。
ペンなどの筆記用具は、機内で出入国カードを記入するのに必要ですので、持っておかれると便利です。
しかし、ペンケースの中にうっかり小さなハサミが入っていたということもあり得ます。
また、長時間飛行機に乗るのが必要な場合、化粧品やコンタクトの洗浄液を持ち込みたい女性の方は多いはずです。
全然害のない化粧品ですが、機内持ち込みの場合、持ち運べる量に制限があります。
そして、それらをひとまとめにし、小さなポーチやジッパーに入れておくことが必要です。
もしそれを知らずに、大きなボトルのまま機内に持ち込んだ場合、没収される可能性があり、もし没収されても文句は言えません。
お土産もワインなどの液体の場合、機内に持ち込みはできませんので、荷造りの際に、預け入れ荷物として準備しておく必要があります。
海外旅行の場合、旅行会社にお願いする方が多いと思いますのでどのような制限があるのか、旅行会社の方に確認すると正しい情報が得られます。
もし、個人で旅行する場合でも、インターネットなどに詳しく説明されていますので、そのような情報をしっかり読んで正しく準備するなら、空港でまた、トランクを開きなおして荷造りしなおすという大変な作業や、荷物を没収されるということを防げます。

注目度がUPしている海外旅行について、便利なココをブックマークしましょう

  • 只需一次的輸入而已、就可以知道最便宜的保險試算
Copyright (C)2017海外旅行の荷造りのポイント.All rights reserved.