このエントリーをはてなブックマークに追加

荷造りの仕方の提案

旅行の楽しみの一つは準備です。
けれども荷造りを得意だと思われる方と、苦手だと思われる方の両方いらっしゃいます。
特に海外旅行で旅慣れしてなく、苦手な方にお勧めの荷造り方法を紹介します。
たいていの方は、ゴロゴロと転がすタイプのスーツケースを使用します。
あれもあった方がいい、これもあった方がいいと考えて、気がつくと荷物が多くなってしまうかもしれません。
けれども、旅を楽しむためには出来るだけ少なめの荷物がお勧めです。
スーツケースに隙間をたくさん作ってお土産を買った時のためのスペースと、重量を残しておくためです。
また荷物を簡素化した方が、ホテルでの荷物整理の時間が減り、ストレスが軽減されます。
たいていの方は、服が多くなってしまいかさばってしまいます。
服は一週間から10日の旅行の場合3、4日分を考えて準備します。
下着も3、4日分で充分です。
そして服を選ぶ際も、着回しが効く服を選びます。
例えば、半そでTシャツを2、3枚長袖Tシャツを1、2枚という感じです。
そして寒かった時のために脱ぎ着しやすいジャケットを一枚入れておきます。
このジャケットはどの服にでも合うようにした方がいいです。
下着などは、その日その日にホテルで洗うことをお勧めします。
汚れた下着が貯まっていくストレスを軽減できますし、荷物も少なくて済みます。
これは暑い国での提案なので寒い国に行かれる場合は少し変わるかもしれません。
お化粧品は普段使っている者の中から絶対に必要なものだけを厳選します。
化粧水などは、大きい物をそのまま持って行かず、小分けします。
最近は100mlくらいのパックで売られているものもあるのでそのようなものを使うのも方法の一つです。
実際にお化粧品は沢山持って行っても、そんなに何種類も使う暇がありません。
靴もかさばる原因ですが、靴は履きやすいもの1つで充分です。
こんなに少なくて大丈夫かと不安に思われる方もいらっしゃると思います。
もしどうしても必要な時には、その場で買うくらいの軽い気持ちで、準備されると、意外と思ったよりも必要なものは少ないことに気づくかもしれません。
Copyright (C)2017海外旅行の荷造りのポイント.All rights reserved.