このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツケースの大きさ

どんなスーツケースを選ぶかは海外旅行の準備の中の楽しみの一つです。
可愛いスーツケースを購入し自分でデコレーションする人もいます。
レンタルで借りる人もいます。
多くの場合どのくらいのサイズのスーツケースを選ぶかは大きな問題になります。
特に10日間〜2週間の長期の海外旅行の場合にはそうです。
お店に並んでいるスーツケースには色々な大きさがあり、特に長期の旅行の場合、大きめのスーツケースを勧められます。
しかし覚えておかなければならないのは、スーツケースが大きくなればなるほど、スーツケースの重さが重くなり、実際に入れられる荷物が少なくなってしまうとくことです。
プラスティック製のしっかりしたスーツケースの場合、平均で5、6キロします。
さらに大きくなると8、9キロします。
会社によって違いますが、国際線の預け入れ荷物の制限は大体20キロなので、実際に荷物にかけられる重さは10キロ前後と言うことになります。
大きなスーツケースなのに中身はガラガラ、または、せっかく買ったお土産が入らないということがあり得ます。
そこで、スーツケースはあまり大きなものを選ばないのをお勧めします。
どんなに大きくても5、6キロ分です。
個人的には、4、5キロくらいの大きさで充分だと思います。
その代わりに、100ショップなどで売られている、チャックの付いた折り畳みの聞くプラスティック製バックを入れておきます。
もしお土産がスーツケースに入らない場合は、そのバックを取り出して、壊れる心配のない布製品などを入れ、しっかりと鍵をかければ大丈夫です。
確かに、荷物が増えて大変だと思われる方もいらっしゃると思いますが、お土産をたくさん買いたい方にはお勧めの方法です。
Copyright (C)2017海外旅行の荷造りのポイント.All rights reserved.